スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

SIDIキタ! 

2011/07/16
Sat. 10:27

屋我地レースまで1週間ですが、未だトゥークリップ&トゥーストラップで
走り回っている島髭です。。。ハハハ(汗

さて、昨日、都内某所より憧れのSIDI到着。。。

R0021243.jpg

サイズ違い(42,43,44)でMTB用・ロード用の3種。
やはり噂通りSIDIは幅が狭い。サイズも例えばNIKEやMAVICは42が26.5cmだけどSIDIは43が26.5cm。
また、年式・モデル問わず(MEGAは除き)木型が共通なので、サイズ確認用にサンプルを送ってもらった。これで幅が狭ければ、幅広サイズのMEGAになります。決まったらショップに返送して、今度は決定したモデルのサイズが送られてくる。(県内で扱ってるショップがあればサイズ試せましたが…、知らなくて、。)ヤバいな、屋我地まで1週間なのにまだこんなことしてます。。。(汗

R0021247.jpg

左:SIDI MTB EAGLE 5-PRO
 (MTB COMPETITION SOLE) - Size:42(26.0cm) Color:Steel/Titanium

中:SIDI GENIUS 6.6 CARBON
 (CARBON LITE SOLE) - Size:43(26.5cm) Color:Black/Black

右:SIDI GENIUS 6.6 CARBON
 (FULL CARBON SOLE) - Size:44(27.0cm) Color:Steel/White

もちろんサイズは、42.5とか43.5とか0.5刻みのハーフサイズも有り。

R0021249.jpg

ノンスリップ ラバーヒール、キャリパーバックル・ストラップ、ソフトインステップ、ヒールカップシステムなどのスモールパーツが充実していて、消耗したら交換して長く使っていけるがいいですね!

う~む、軽くて硬いCARBON LITE SOLE悩むな~
ヒールカップシステムも上位モデルしか付いてないしな~
↑ガッチリ踵をホールドする素晴らしいシステム。(イタリア国旗の部分ね)↑

SIDI
スポンサーサイト

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

コメント

一瞬、「3足大人買い?」と思ってしまいました(笑)
サンプルで確認出来れば間違いないですね。
SIDIは交換パーツが充実してるので長く使えて良いですね。
屋我地に間に合うと良いですね~

バットトレイン #- | URL | 2011/07/16 13:09 * edit *

SIDIといえばバットさん コンチクワ!
フフ、大人買いしたいとこですがね、、、嫁がコワい。。。
やはり試着しないと買えないわけですよ!高額だし!
スニーカーと違ってちょい小さめが具合のよいビンディングシューズは特にね。
しかしSIDIはタイトな作りでございますね。。。
そうそう、交換パーツが充実してるのもSIDIを選んだ理由の一つでもあります。
屋我地には是が非でも間に合わせますよ!(笑

髭 #- | URL | 2011/07/16 22:02 * edit *

自分 昔はSIDI派っでした。その理由はバイクからずーっとSIDI。
途中、アルパインスターに変わりましたが、自転車に乗り換えても、
ロード、マウンテン、両方SIDIでした。最大の理由は一番足にあっていましたから、昔 憧れていたから・・・なんて理由からです。
しかしながら どういうわけか 値段が高騰!
高嶺の花になってしまわれました。。。
今はスペシャに落ち着いております。

ちなみに
カーボンソールは硬すぎる という意見もチラホラ聞きます。
シューズ選びは慎重に

たけぞう #- | URL | 2011/07/18 21:55 * edit *

イタリアもんで揃えて来ますねぇ。

永く使える事は良いことだけど、色々と新しいもの好きな島髭がさて、何年使い続けるか?(笑)

一年後には、あのシューズが気になる!とか言ってそう。(笑)

ホットスカル #IBRseM9U | URL | 2011/07/19 08:27 * edit *

たけぞうさん
スゲぇ、生粋のSIDIフリークだったんですね!オートバイに始まりロードもMTBもSIDIだなんて…、。
90年代末頃、SIDIはカーボンソールに否定的な時期があり、
導入は00年代に入ってからと他メーカーに比べて遅かったらしいですね。
ボクは予算的にフルカーボンソールのモデルは買えませんが、上位2モデルのみ採用のヒールカップシステムを下位モデルにも導入してほしいです。試着してみてビックリでした。踵をがっしりホールドします。
フルカーボンのモデルではなく、ナイロンにカーボンを配合したミドルグレードのシューズにしました。
フルカーボンに比べるとたわみ量が3.7mmもあってしなやかで疲れにくいそうです。

ホットスカル
SILCAもSIDIも補修部品があるから長く使えそうだ!ということで選んだよ。
大学の時に買ったヘッドフォンも高かったけど15年使えたし、物持ちはいいのよー!
でも、一方で新しもの好きだから目移りしちゃうけどねー!(笑
すでに今年の冬に出るFizi:kのビンディングシューズが気になってしょうがない。。。(笑

髭 #- | URL | 2011/07/19 13:35 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimahige.blog45.fc2.com/tb.php/1259-7c5efa15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。