スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

NEUTRON 

2012/01/17
Tue. 14:00

昨年の県民大会で初めて使ってみました。
地味なホイールなので誰にも気付かれないと思ってたら、、、
この方はスグに気付かれました。。。(笑


帰り際に「おっ!ニュートロン!こりゃまた玄人好みな…」と

IMGP0882.jpg

リムハイトがミディアムプロファイル以上が全盛のご時世にニュートロンのようなローハイトの完組ホイールは減る一方…。そんなに売れてないはずなのに、金属リムのニュートロンとカーボンリムのハイペロンという2種類の完組ホイールをカンパはかたくなに作り続けています。ハイ、それを指名買い!

ボクは今までミディアムのゾンダを使っていて、手組チューブラーに行く前に次はローハイトのニュートロンと決めていました。カーボンリムなら、諭吉を積めば、いくらでも軽いモデルはあるし、なんせ太くてゴツいカーボンフレームにはディープリムが良く合います。でも、細いパイプのクロモリにはやはり薄リムでしょ!

ちなみにカンパはゾンダ以上のグレードがカップ&コーンなので、まずはゾンダにしたわけで、
玉当たり調整はアーレンキー1本で調整できるのでラクです。

スペックは、
Campagnolo Neutron Front 22H - 660g
Campagnolo Neutron Rear 24H - 890g
前後セット重量: 1,550g
リム高前後18mm(ゾンダ:前24mm/後30mm)

そう、そこまで激軽ではないのです。ミディアムのシャマルWO(1,425g)の方が軽い!(笑
現行ニュートロン(1,470g)でもハブボディがカーボンで若干軽くなったくらいです。
でも、モデルチェンジ前のデザインが好みなので探しましたよ、'07Neutron!

しばらく使ってみてのインプレ…
ゾンダに比べるとリム外周部が低いので漕ぎ出しはとても軽く中間加速も良く、アタックにも反応しやすくなりました。見た目も含めクロモリ特有のバネ感との相性も抜群でロングライドでも疲れ知らず!また、ゾンダと同じくオプションでUSBやCULTといったセラミックベアリングに換えられますが、ノーマルベアリングでもよく回ります!上りも下りも平地も格段にラクになりました!!

そうそう、スポークはサピムのCX-Ray!
しかも「特注」かコレは!市販されているCX-Rayより太い感じがする…。
会社の上司NSR S川さんは「マビックヘリウム+デュラハブ+サピムCX-Ray」なのですが、それより太い感じがしますね。組み方はフロントはラジアル組、リアはカンパお得意のG3組ではなく、反フリー側はラジアル組、ドライブ側はタンジェント組です。で、前にも書きましたが、ドライブ側は鬼のようなテンションで組まれています。。。

この価格帯(定価9諭吉ちょい)で、ハブ屋カンパのハブが使えて、
丈夫でブレーキが良く効くリム、スポークはサピムのCX-Ray。
"NEUTRON" 隠れた銘品だと思います。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimahige.blog45.fc2.com/tb.php/1427-ec40b128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。