スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Man With A Movie Camera 

2009/11/19
Thu. 12:00

70年という月日の帳に、この音楽は優しく、強く向き合った…
みんな、惚れ惚れするんだろうな
この「映像」と「音楽」に満ちあふれた、確かな「親密さ」に ― クラムボン ミト

シネマティック・オーケストラ幻の映像作品が待望の復刻!!

2003年に発売された当時はプレスが制限され、国内に200枚しか入荷せず即廃盤!その後長らく入手困難な作品として、シネマティック・ファンや映画ファンの間では垂涎となっていた作品となっていました。

モノクロの鮮烈な映像美と彼らが作り出すサウンドが、時代を越えシンクロする本当に素晴らしい内容です!!

最近ではディズニーのサントラまで手掛ける「Ninja Tune」の中でも絶大な人気を誇るシネマティック・オーケストラの幻の作品と言える「Man With A Movie Camera」がDVDでまさかの再発!!

本作はゴダールらのシネマヴェリテにも多大な影響を与えたソビエト記録主義映画のパイオニア、ジガ・ヴェルトフが1929年に制作したソ連無声アヴァンギャルド映画「Man With A Movie Camera」(邦題「カメラを持った男」)にシネマティック・オーケストラがサウンドを付けた映像作品であり、元々は1999年に行われたポルトガル映画祭で上映する為、彼らにスコアを依頼し(この映画のスコアは他にもあのマイケル・ナイマンなども手掛けている)、生演奏を行った事をきっかけに2年の歳月をかけ商品化されたものである。(またこの時使用した楽曲を発展させてアルバムとして発売されたのが「Everyday」です)。

R0015564.jpg

The Cinematic Orchestra / Man With A Movie Camera
Label: NinjaTune 2003/2009
英語版 66分40秒



'03年に国内入荷わずか200枚!6年越しのGet!でございます。よくぞ再発してくれました!
市場ではとんでもない高値で取引きされてますので、この再発は非常に嬉しい。。。
ちなみにAmazonのマーケットプレイスでは最安で47,000円!一番高いとこはナント84,024円!誰が買うんでしょ…、。んで、この再発はお値段わずか2,290円!!GoodJob!!!!!
秋の夜長に美しい映像と音楽の出会いを感じてみては… まだの方はぜひ!!!!!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

内容とは関係ないんだけど。。
映画館での最初に流れる
映画泥棒のキャラクターの原案だな、こいつわ。。
http://www.youtube.com/watch?v=UX2SILlJo80

ショビ #- | URL | 2009/11/20 20:50 * edit *

ショビ

『NO MORE 映画泥棒』
元ネタはまさに「カメラを持った男」からでしょうね!
まんまだもんね!(笑

つか、それはどうでもよくて!(笑
コレ買いなさい!垂涎の名作ですぞ!!
YouTubeの10分弱の映像じゃ伝わらない!ぜひDVDで!

島髭 #- | URL | 2009/11/21 02:20 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shimahige.blog45.fc2.com/tb.php/460-93babd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。